建設キャリアアップシステム技能者登録において2段階登録申請がスタートします。

投稿日

建設キャリアアップシステム申請の技能者登録が2021年4月から2段階登録の申請となります。

建設キャリアアップシステムとは?

建設キャリアアップシステムは、技能者ひとり一人の就業実績や資格を登録し、技能の公正な評価、工事の品質向上、現場作業の効率化などにつなげるシステムです。
事業者と技能者がそれぞれ登録する必要があります。システムに登録された技能者にはカードが発行されそこに就業履歴を蓄積していきます。

事業者登録について

事業者が登録すると、技能者の就業状況の確認や現場に入退場する際の管理が効率的になります。

技能者登録について

技能者の登録は自分の資格や就業履歴を証明できるため、働く現場が変わっても適正な評価を受けられます。

技能者登録における2段階登録申請とは

技能者登録において、技能者の本人情報などの基本情報の登録のみでカードが発行される「簡略型」と、能力評価制度(レベル判定)の申請等に必要な保有資格情報等を登録する「詳細型」のどちらかを選んで登録する方式となります。


「簡略型」:登録料 2,500円 技能者の本人情報を登録します。

「詳細型」:登録料 4,900円 技能者の本人情報に加え、保有資格、健康診断等の情報を登録

※「簡略型」で登録し、カード発行後に「詳細型」に変更も可能。ただし別途2,400円が必要。

簡略型の登録項目

・本人情報
・所属先事業者
・職種
・経験
・社会保険
・建退協
・中退協

詳細型の登録項目

・労災保険特別加入
・健康診断
・学歴
・登録機関技能者資格
・保有資格
・研修等受講履歴
・表彰履歴

まとめ

・2021年4月より、建設キャリアアップシステムの技能者登録において、「簡略型」と、「詳細型」のどちらかを選んで登録する方式に変更
・能力評価制度(レベル判定)の申請等に必要な保有資格情報等を登録したい場合は「詳細型」を選択

・「簡略型」で登録し、カード発行後に「詳細型」に変更も可能。

こちらの記事もあわせてお読みください。

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=237197901073321&id=111107467015699